山陰中央新報社 「最盛期は山の上に一大鉱山都市があり、一帯に20万人が暮らしていたといいます」。石見銀山遺跡(島根県大田市)の中核地域にある山あいの町・大森町の山林に、石見銀山ガイドの会会員、渡辺信雄さん(72)の声が響く。耳を傾けたのは首都圏からのツアー客12人。