幕末佐賀で教育、詩文、書画など多彩な分野で才能を発揮した草場佩川(はいせん)(1787-1867年)をテーマにした展覧会が22日、佐賀市の県立博物館と多久市郷土資料館の2会場で開幕した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加