今後の医療と介護の在り方は、超高齢社会となる2025年を視野に入れ、見直していく必要がある。人口の多い「団塊の世代」全員が75歳を迎え、後期高齢者の仲間入りをする。国民の5人に1人だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加