朝日工業(武雄市朝日町、野畑龍彦社長)は7日、創立50周年を記念して太陽光発電システム一式を武雄市に寄贈した。今後20年間にわたって年間200万円程度の売電益が見込まれ、スポーツ振興に役立てられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加