佐賀藩が嘉永3(1850)年、警備を担っていた長崎港周辺に新しい台場を造り始めたとき、同時に動き出した計画があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加