佐賀市のNPO法人「東名縄文の会」(江島徳太郎理事長)は27日、東京・霞が関の文化庁を訪れ、国史跡で国内最古級の湿地性貝塚「東名(ひがしみょう)遺跡」(同市金立町)の出土品の展示施設を遺跡の隣接地に…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加