集中豪雨や地震など大規模な自然災害が全国で頻発する中、佐賀県は本年度から3年間で300人を目標に、防災の専門知識を持つ「防災士」を養成する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加