県南西部を運行する祐徳バス(鹿島市)がラムサール条約登録地の肥前鹿島干潟と肥前浜宿の写真でラッピングされた。鹿島への観光客増加につなげるため、豊かな生態系を支える干潟や伝統的な景観をPRする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加