災害に備え、国が補助金を出して整備した通信や太陽光発電の設備について、設置場所に耐震性がないなど、いざという時に使えない恐れがあるものが各地に多数あることが会計検査院の調べで24日分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加