佐賀市教育委員会は17日、兵庫小学校(本村秀一郎校長、783人)の給食に金属片が混入したと発表した。市教委は、鶏肉をスライスする製造過程で刃の一部が破損して混入したとみている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加