■記者や消防団員ら43人犠牲■みやき町の元カメラマン使命と安全「永遠の葛藤」 43人が犠牲になった雲仙・普賢岳(長崎県)の大火砕流から3日で25年になる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加