鳥栖は攻める姿勢を見せたものの幾度かの決定機を逃し、神戸と引き分けた。 前半立ち上がりから攻勢をかけ、立て続けにセットプレーを獲得。DFキム・ミンヒョクが頭で狙うなど惜しい場面が続いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加