佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、防衛省の若宮健嗣副大臣が3日、佐賀県を訪れ、山口祥義知事ら関係者に格納庫や弾薬庫など施設の詳細な配置案を初めて提示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加