市民参加型で茶について総合的に学ぶ「佐賀・茶学会」(野中源一郎会長)は4日、佐賀市で講演会を開いた。約40人が参加。京都市の小川流煎茶家元嗣の小川可楽さんが、煎茶の歴史や魅力などを伝えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加