共産党佐賀県委員会は8日、衆院選佐賀1区で予定していた新人、上村泰稔氏(52)の擁立を取り下げ、無所属での出馬を表明した前職の原口一博氏(58)に野党候補を一本化すると明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加