10日公示の衆院選で、希望の党公認候補として佐賀1区から立候補を予定していた民進党前副代表の原口一博氏(58)は7日、佐賀市内で記者会見を開き、希望の公認を辞退し、無所属での立候補を表明した。民進党に復党する。2区の民進党前政調会長大串博志氏(52)は予定通り希望の公認候補として出馬する。