人工知能学会の倫理委員会は6日、人工知能(AI)の研究開発に関し、平和への貢献や悪用の防止など、研究者が守るべき指針の素案をまとめた。さらに意見を聞き、半年をめどに最終的なものをまとめたいとしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加