熊本県は7日、被災者向け義援金の2次配分額を決めた。1次配分と合わせ、死者・行方不明者1人当たりと、住宅が全壊した1世帯当たりの金額は、ともに従来の20万円から80万円に増額する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加