「鹿島ガタリンピック」(5日開催)に毎年参加している韓国の釜山(プサン)外国語大学校の学生13人が4日、鹿島市の鹿島療育園を訪れた。施設利用者と笑顔を交わし、車いすの清掃ボランティアに励んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加