幕末、佐賀藩を揺るがす出来事があった。嘉永6(1853)年7月、ペリーの浦賀来航に遅れること約1カ月、ロシア国使節としてプチャーチンが4隻の軍艦を率いて長崎に入港。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加