22日公示の参院選で、全45選挙区の対決の構図が固まった。32ある改選1人区は、奈良を除く31選挙区が自民党候補と4野党統一候補による事実上の「直接対決」となる見通し。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加