佐賀市で19年ぶりの開催となった昨秋の熱気球世界選手権。外国人選手に日本の心を感じてほしいと、茶道部の部員30人で抹茶をふるまった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加