佐賀市大和町松梅地区でかつて伝承されていた「名尾和紙の歌」が生まれ変わり、8日、地元の小中一貫校松梅校の児童・生徒により地域の人に初めてお披露目された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加