武雄市の小松政市長は7日、2018年5月の新庁舎での執務開始に合わせ、北方支所と山内支所の廃止を検討する考えを明らかにした。住民サービス業務は残す方向で、今後、関係機関や市議会と協議する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加