■「臨 祭姪稿」 八頭司 怜奈(佐賀北2年) 顔真卿の特徴である重厚な線を生かしつつ、流動感を意識して書きました。また、全体的に黒くなりすぎないように余白をとることを心がけました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加