■未来見る精神性佐賀に 佐賀藩主の鍋島直正や佐野常民、精錬方(せいれんかた)の技術者が幕末、一丸となって技術立国を目指した姿を描いた歴史小説「火城(かじょう)」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加