西日本から北日本の広い範囲で7日から8日にかけ、黄砂が観測された。佐賀県では8日午後0時ごろ、水平方向に見通せる距離を示す「視程」が佐賀市で7キロまで低下した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加