佐賀県建設業協会(松尾哲吾会長)は8日、県発注の工事の最低制限価格を引き上げるよう山口祥義知事に要望した。国と同水準に当たる入札予定価格の90%の確保を求め、山口知事は「検討する」と答えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加