全国大会の切符を懸けた「第27回九州クラブユース(U-18)サッカー選手権大会」は12日まで北九州市の新門司球技場などで行われ、サガン鳥栖は決勝でアビスパ福岡との延長戦を2-1で制して優勝した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加