唐津市の浜玉や七山地区などで親しまれてきた郷土料理「だぶ」を作る催しが11日、唐津市の長松公民館であった。唐津南高生が講師役となり、訪れた家族連れらに地域に伝わる料理や食材の魅力を伝えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加