体内で放射線を放ち、ピンポイントでがん細胞をたたく薬剤を開発したと、量子科学技術研究開発機構(千葉市)が13日発表した。がんを移植したマウスへの投与実験でがんの大きさが半分に縮小したとしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加