建築士や設計士らが地域の歴史的建造物保護に取り組むNPO法人「まちのつぎて」(江島文代表)は、嘉瀬川と国道34号が交差する場所にある旧酒造会社の酒蔵に足場を組み、崩れかかった壁面の応急措置に乗り出し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加