安倍晋三首相(自民党総裁)は8日、憲法9条改正を提起してから初の国会論戦に臨んだ。普段の質疑と同様に強気の姿勢を前面に出しつつ、首相と党総裁の立場を使い分けて踏み込んだ質疑は回避した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加