■肥前長崎図に位置記載 江戸時代、西洋文化の窓口となった長崎を訪れる人々への土産として、長崎版画と呼ばれる長崎の絵図をはじめ、オランダ人や唐人、あるいは象、ラクダ、ダチョウなどの絵が売られていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加