【パリ共同】105歳のフランス人男性ロベール・マルシャンさんがパリ郊外の自転車競技場で4日、1時間でできるだけ長距離を走る競技に挑戦し、22・547キロを走破した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加