■悩み多様化、手探りで支援 東日本大震災で被災した人が避難先の佐賀県で定期的に集う場所がある。西九州大学が佐賀市の佐賀キャンパスで開く「ほっとひろば」。運営スタッフとして心のケアに当たっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加