■経験活用、人手不足解消に 日本老年学会が現在65歳以上としている高齢者の定義を75歳以上に見直し、65~74歳を准高齢者と位置付け、働き手として捉え直すよう提言する中、仮に定義が見直された場合、6…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加