■自然と歴史に抱かれて 唐津へは筑肥線で入るのが好きだ。東唐津を過ぎ、松浦川を渡る際、進行方向左側にちらりとだけ、特徴のある稜線の山が見える。僕はそれを絶対に見過ごさない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加