■住民100人、シイタケ植菌も 伊万里市二里町大里の神之原八幡宮周辺の「鎮守の森」を再生しようと、住民らでつくる「八幡の会」(大木利喜会長、20人)がシャクナゲの植樹などを行うイベントを開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加