■住民ら先祖供養 上峰町の上坊所観世音菩薩堂で9~11日の3日間、12年ぶりに千手観音像が開帳されている。初日の9日は地元住民ら約120人が集まり、手を合わせて先祖を供養した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加