B型肝炎に関する講演会が2日、佐賀市の県弁護士会館で開かれた。国立病院機構長崎医療センター臨床研究センターの八橋弘さんはB型肝炎の基礎知識や最新の治療薬の動向などを紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加