■江戸後期の政党風景活写 有田焼産業の創造性と深み 江戸後期に制作された「染付職人尽し絵図大皿」(有田陶磁美術館蔵、県指定重要文化財)には、有田皿山で働く当時の焼き物職人たちや製陶工程が描かれている。器の中央にある見込(みこみ)には工房内での絵付けやろくろ成形の様子を描写。