九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)から半径30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある伊万里市や長崎県松浦市、平戸市、佐世保市の4市は4日、連携して事故時の避難計画の実効性を高め、避難道路建設など計…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加