巨大な松明(たいまつ)とともに境内に積まれた門松やしめ飾りを焼き払う「おんじゃおんじゃ」が7日夜、唐津市十人町の唐津天満宮であった。降り続く雨の中、夜空を焦がす炎に参拝者は今年一年の無病息災を祈った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加