環境省は4日、大阪市住之江区の大阪南港で、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が見つかり、駆除した個体の中から、女王アリ1匹が国内で初めて確認されたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加