■後継に信頼厚い鍋島直茂 天正2(1574)年、後藤家で起こった家督相続をめぐるお家騒動の混乱から、武雄の領主後藤貴明(たかあきら)は敵対する龍造寺隆信の援助を求め、隆信の軍門に下った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加