もう40年ほど前の昭和50年ごろ、安良で聞いた話である。まだ佐賀の乱を目撃した祖父、祖母から直接話を聞いた人がいた。 1874(明治7)年、新政府と佐賀が手切れになり、小倉の鎮台兵が攻めてくるという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加