有田町の自宅近くに開いた工房兼展示場には、花鳥を描いた花瓶や香炉が所狭しと並ぶ。いずれも白磁に赤が鮮やかに映える。絵を描くときに最初に考えるのは「赤を入れる場所」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加