佐賀県は5日、唐津市内の1~3歳の幼児4人が腸管出血性大腸菌(O26)に感染したと発表した。1歳女児が発症したが、現在は回復に向かっているという。感染が確認されたのは今年初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加