九州経済産業局が11日発表した2016年度の九州・沖縄の百貨店、スーパーの販売額(速報、420店)によると、販売総額は前年度比1・1%減の1兆5197億円で、2年ぶりに減少した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加